体毛が濃い理由~遺伝~

体毛の濃さに悩んでいる女性はきっと何故、自分は体毛が濃いのかと疑問に思うかもしれません。
その理由ですが、もしかするとそれは、遺伝かもしれません。
考えてみてください。
両親の容姿や体型が子どもに遺伝するのに、体毛だけが遺伝しない理由はありません。
事実、両親の体毛が濃ければ、子どもの体毛も高い確率で濃いという統計データがあります。
ちなみに両親の体毛が濃くなくても、子どもの体毛が濃い場合もあります。
体毛の濃い事がコンプレックスなら思い切って脱毛サロンに通うのがおすすめです。

救急看護の仕事

看護師の中でも救急看護の仕事は、花形と言われています。
命に関わる最前線で働くことは大変やりがいがあり、多くの知識や技術が身につきますが、その分大変ハードだと言われています。
緊急で運ばれてくる患者の対応を行うのが仕事なので、24時間体制の病院であれば、特に勤務時間も不規則で、精神的にもハードな仕事になります。
しかし、そんなハードな仕事ですが、一度は救急で働いてみたいと憧れる看護師は多いようです。
救急看護師の求人を探すならここが便利です。
一般外来では診療科が分かれているので、それぞれの症状の患者を対応しますが、救急では外科も内科も関係なく対応しなければなりません。

シミが目立たない方法

娘も30代に入り、お肌の曲がり角を経験すると、シミが気になり出した様子。
美白効果があるという化粧水や乳液、美白エッセンスと試してみているようですが、ほとんど効果は感じられないと肩を落としています。
ハイドロキノンがいいらいいんすけどね。

ある時、同僚たちとそんな話になった時に、肌が黒目の同僚がキッパリと一言。
「シミが目立たないように、肌を焼いて黒くすれば良いのよ。」
その勢いにおされて娘は思わず、確かにと頷いたそうです。娘は学生時代、6年ほどオーストラリアのシドニーで過ごしました。
オゾン層が破壊され、皮膚がんの発生率も高いオーストラリア。
にもかかわらず、娘は肌へのダメージを気にかけることなく、ホームステイ先から徒歩3分のビーチに毎日通い、暗闇に紛れると目と歯だけが浮いて見えるほど真っ黒に焼けていました。
その

ハードワークの代表格

女性のハードワーカーの代表格ともいえるのが看護師さんです。
病院でたちはたらく姿はキリリとしてクールですね。
まさに花形の職業ですが、同時に人材不足になりがちな職種でもあります。
応募してくる方々もどちらかというと夜勤を嫌がる傾向があるのです。
夜勤は疲れるというだけでなく美容にも良くないという理由から敬遠されがちです。
夜勤がある職種の女性は、夜勤明けにたっぷりと睡眠をとり、お肌を休ませる工夫をしています。
もちろんエステなどのスペシャルケアも忘れません。
自分への投資をおしまない人が美しさをキープできるんです。

足を温める方法

足湯がとても効果的です。

入浴剤、アロマオイルやバスソルト、それらがなければお酒をお湯に入れるだけでもとてもよくあたたまりますよ。
少し熱めのお湯にするのがよく、さめてきたら、熱いお湯を足してあげます。
末端の血流を良くする方法としてはお湯の場合はダイレクトに温めてくれるので
速攻性が見込めます。
ただし、くれぐれも無理してやけどをしないよう。
ただ、会社で足湯はちょっと難しいですね。

暖かいスリッパをはくだけでも違います。
また、靴下に貼るタイプのカイロや靴の中にいれて使うタイプのカイロなど、あたたかグッズがいろいろ出ています。

昔の人は、靴下に唐辛子を入れていたらしいです。

足を温めると、血行がよくなり、代謝アップ、肩こり軽減などが認められるでしょう。
特に冬場は足を冷やさないことが大切です。
足を温めて、健康アップですね。

糖尿病の恐ろしさ

皆さん、糖尿病をなめてないでしょうか。
だって、職場の検診などで太りすぎなので注意しましょう、と言われても、ついついビールのおいしさにかまけて、お腹が太いままの人が多いでしょう。
でも、糖尿病ってホントに恐ろしいんです。
ぽっくり死ねない。
失明したりすると辛いですよ。
また、脚を切断することになったり。
そこまでいかないうちに止めようとすると、治療を真面目にやらなくてはならない。
だけど、味のうすい減塩食、東日本出身者には耐えられますか?
そうならないうちに、今からダイエット。
それも無理しないダイエットをしたいものです。

薄毛ケアのポイント(男女別)

男性の場合は、髪が薄くなるのは額の方からが多いようです。
これは典型的な男性型脱毛症。
お医者さんで処方してくれる、より強いものもありますので、
受診してみるのもおすすめです。
女性の場合は、生え際よりも頭頂部、つむじや分け目の部分から
薄くなる方が多いようです。
ただし、女性の場合は元々髪が長いヘアスタイルの方が多いので
育毛剤だけではなく、ウィッグなどの部分かつらもかなり有効です。
若い頃におしゃれでウィッグをつけてらした女性なら特に抵抗はないでしょうから
頭頂部にかけてウィッグをつけてみる事で髪のボリュームが回復しかなり若やいだ印象をつくり
だす事が可能です。

子宮はゆりかご

女性と男性の違いは、女性は産む性だという事を言われます。
男性は、そう、子供を生む事ができません。
女性には子宮があり赤ちゃんをその中で育てます。
ほんの小さな微生物のような赤ちゃんを子宮を
通じて栄養を与え、生きていける状態になるまでお腹の中で育てあげます。
男性からみて生命の神秘以外の何物でもないこの行為は、
女性自身にとってもやはり不思議で、神秘的な体験です。

美の世界基準

美しさというのは人工的な概念なので
何をもって美しいとするかは、その国の文化や歴史によって異なります。
ただ、一つ共通点があるのは、「健康的なもの」は「よいもの」「美しいもの」
とされる事です。
逆に「病いがちのもの」あるいは「健康に害が及びそうなもの」は、生命力と相反する事から
「美しくない」と判断されるのは万国共通です。
健康である事が美と直結すると言うのはそういった意味でもあるんです。

コラーゲンの利点

コラーゲン鍋というのが去年の冬あたりから人気です。
コラーゲンがたっぷり入った鍋をふうふうと食べる事で
肌つやが良くなるというものです。
ただし私はこれでは吸収力が心配だと思います。
豚のコラーゲンは分子が大きいので吸収されにいくいのです。
最近はマリンコラーゲンを摂取する事もできます。
お魚のコラーゲンなので、分子が小さく吸収が良いのが特徴。
美肌をめざすアタシも毎日飲んでいますよ。

早寝早起き病知らず

大昔は日の出とともに起き、日の入りとともに活動をやめる…
こんな生活をしていたのかもしれません。
でも、現代社会は複雑になりました。
24時間営業の店も当り前のようにたくさんあります。
工場で交代制の勤務をしたりしている人もいるでしょう。

飲み会で深夜まで、場合によっては朝まで飲み歩いたりするかもしれません。
こんな風な生活だと、当然、生活リズムも不規則になりがちです。
さて、健康な人にその秘訣を聞くと、多くの人が「規則的な生活」という項目を上げます。
ことわざにも「早寝早起き病知らず」などという言葉もあります。
やはり規則的な生活を心がけるべきなんでしょうね。
まあ、いろんな誘惑が多くてなかなか難しいかもしれませんが…

ホームドクターと食事

最近、ホームドクターという言葉をよく聞くようになりました。
これは家族のかかりつけの医者のことです。
でも、これって和製英語らしいです。
欧米ではファミリードクターなどと呼ばれますが、わりと一般的だそうです。
確かに洋画なんかを見てると、それらしき医者がよくでてますね。
家族が病気やケガをしたときに最初に相談するのがこのホームドクターです。
日本ではこうしたホームドクターという制度は定着してません。
ですから、最初から自分で受診する科を選んだりしないといけません。
まあ、医療制度や文化など、いろいろ違いがあるので、一概に比較はできません。
ただ、こうしたかかりつけの何でも相談できる医者が身近にいるというのはやはり安心でしょうね。

美しさの理由

人の美しさには様々な理由があります。
最近では女優の吉瀬美智子さんの美についての発言が非常に興味深いものでした。
大意を言えば、実生活が充実している人は目のきらめき、美しさが違うという事でした。
普通の人が言うならこれといって目を引く発言でもないのですが、彼女が言うとやはり
説得力がありますね。
女優の多くが今エイジングケアにつとめています。
最近では藤原紀香さんが飲んでる事をテレビでカミングアウトした事で話題になりました。
美しさにはそれなりの理由があるのです。何の努力もなしに美しい人は少ないと思います。